フリーエンジニアスカウトの流れ

フリーエンジニアスカウトの話を聞くと、「自分も、いつかスカウトされないだろうか?」と思っている方も多いと思います。スカウトの場合には、待遇面などが良いケースも多いですから、「スカウトされて、もっと収入アップをしたい」と考えている方も多いでしょう。しかし、スカウトされたことがない方にとっては、「スカウトって、どんな風に話しが進められるのだろう?」と思っている方も多いと思います。

では、フリーエンジニアのスカウトの流れについて、ご紹介しましょう。フリーエンジニアの方は、仲介業者などを利用している方も多いと思いますが、その際あなたの技術力や経験などの情報を登録していることになると思います。そして、その内容を確認したヘッドハンターがあなたに声をかけてくることになります。当然、その際どういった企業での仕事、待遇面などを説明されることになります。話を聞き、「その仕事を請けたい」と思えば、そこで契約が進められ、仕事がスタートすることになります。

スカウトは、実際に電話などで連絡を取ってくるところもあれば、メールなどで連絡を取るところもあります。メールの場合には、中には悪質な一斉送信メールということもありますから注意が必要。メールが届いた時には、レジュメなどをしっかりと確認するようにしましょう。スパム系のメールなどもありますから、これらは文面を確認すれば判断出来るはず。電話の場合には、本気度の高いスカウトと考えられますが、中には悪質なスカウトもありますから、しっかりと内容を確認し、担当者が信頼出来る人間かを判断していくことが大切となります。

このように、フリーエンジニアのスカウトは、まずは電話やメールなどでアポイントを取ってきます。この時から、「このスカウトは、信頼出来るものか?」を判断していくことが必要です。どんなに待遇が良い話でも、まずは冷静になって話を聞き判断していくことが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です